[导读]:本文(《ゆびわ》)由来自湖北的客户投稿,并经由本站(飞信文学网)结合主题:日本文学作品,收集整理了众多资料而成。主要记述了文学,小说等方面的信息。相信从本文您一定可以获得自己所需要的!

指環

A 失礼ですが、いつかも汽車で御一緒になった様ですね。

B これは

御見

おみ

それ申しました。そういえば、私も思い出しましたよ。やっぱりこの線でしたね。

A あの時は飛んだ御災難でした。

B いや、お言葉で痛み入ります。私もあの時はどうしようかと思いましたよ。

A あなたが、私の隣の席へいらしったのは、あれはK駅を過ぎて間もなくでしたね。あなたは、一袋の

蜜柑

みかん

を、スーツケースと一緒に下げて来られましたね。そしてその蜜柑を私にも勧めて下さいましたっけね。……実を申しますとね。私は、あなたを変に慣れ慣れしい方だと思わないではいられませんでしたよ。

B そうでしょう、私はあの日はほんとうにどうかしていましたよ。

A そうこうしている内に、隣の一等車の方から、興奮した人達がドヤドヤと

這入

はい

って来ましたね。そして、その内の一人の貴婦人が一緒にやって来た車掌にあなたの方を指して何か

ささや

きましたね。

B あなたはよく覚えていらっしゃる、車掌に「

一寸

ちょっと

君、失敬ですが」と云われた時には変な気がしましたよ。よく聞いて見ると、私はその貴婦人のダイヤの

指環

ゆびわ

ったてんですから、驚きましたね。

A でも、あなたの態度は中々お立派でしたよ。「馬鹿な事を

ってはいけない。そりゃ人違いだろう。何なら私の身体を

しら

べて見るがいい」なんて、一寸あれ

けの落着いた

台詞

せりふ

は云えないもんですよ。

B おだてるもんじゃありません。

A 車掌なんてものは、ああした事に慣れていると見えて、中々抜目なく検査しましたっけね。貴婦人の旦那という男も、うるさくあなたの身体をおもちゃにしたじゃありませんか。でも、あんなに厳重に検べても、とうとう品物は出ませんでしたね、みんなのあやまり様たらありませんでした。ほんとに痛快でした。

B 疑いがはれても、乗客が皆、妙な目附で私の方を見るのには閉口しました。

A 

しか

し、不思議ですね。とうとうあの指環は出て来なかったというじゃありませんか。どうも、不思議ですね。

B …………

A …………

B ハハハハハハ。オイ、いい加減にしらばくれっこは止そうじゃねえか。この通り誰も聞いているものはいやしねえ。いつまでも、

左様然

さようしか

らばでもあるまいじゃないか。

A フン、ではやっぱりそうだったのかね。

B お

めえ

も中々隅へは置けないよ。あの時、俺がソッと窓から投げ出した蜜柑のことを一言も云わないで、見当をつけて置いて、後から拾いに出掛けるなんざあ、どうして、

玄人

くろうと

だよ。

A 成程、俺は随分すばしっこく立廻った積りだ。それが、ちゃんとおめえに先手を打たれているんだから

かな

わねえ。俺が拾ったのはただの腐れ蜜柑が五つよ。

B 俺が窓から投げたのも五つだったぜ。

A 馬鹿云いねえ。あの五つは皆無傷だった。指環を抜き取った跡なんかありゃしなかったぜ。

いわ

くつきの奴あ、ちゃんとおめえが先廻りして拾っちまったんだろう。

B ハハハハハハ。

はか

らんや、そうじゃねえんだからお笑い草だ。

A オヤ、これはおかしい。じゃ、何の為にあの蜜柑を窓から

ほう

り出したんだね。

B まあ考えても見ねえ。

折角

せっかく

命懸けで頂戴した品物をよ。

仮令

たとい

蜜柑の中へ押込んだとしてもよ。誰に拾われるか分りもしねえ線路の

わき

なぞへ抛られるものかね。おめえがノコノコ拾いに行くまで元の所に落ちていたなぞは、飛んだ不思議と云うもんだ。

A それじゃやっぱり蜜柑を抛った訳が分らないじゃないか。

B まあ聞きねえ、こういう訳だ。あの時は少々どじを踏んでね、亭主野郎に勘ぐられてしまったものだから、こいつは危いと大慌てに慌てて逃げ出したんだ。どうする暇もありゃしねえ。だが、おめえの隣の席

まで

来て様子を見ると、急に追っかけて来る様でもねえ。さては車掌に知らせているんだな、こいつは

愈々

いよいよ

油断がならねえと気が気じゃないんだが、さて一件の物をどう始末したらいいのか、咄嗟の場合で日頃自慢の智慧も出ねえ。恥しい話だが、ただもうイライラしちまってね。

A なる程。

B すると、フッとうまい事を考えついたんだ。というのが、例の蜜柑の一件さ。よもやおめえが、あれを見て黙っていようたあ思わなかったんだ。きっと

手柄顔

てがらがお

吹聴

ふいちょう

するに違いない。そうして俺が蜜柑の袋を投げたと分りゃ、皆の頭がそっちへ向かうというもんじゃねえか。蜜柑の中へ品物をしのばせて置いて後から拾いに行くなんざあ古い手だからね。誰だって感づかあね。そうなるてえと、仮令検べるにしてからが、この男はもう品物を持っちゃいねえと云う頭で検べるんだから、自然おろそかにもなろうてもんだ。ね、分ったかね。

A 成程、考えやがったな。こいつあ一杯喰わされたね。

B ところが、おめえが知って居ながらなんとも云い出さねえ。今に云うか今に云うかと待ち構えていても、ウンともスンとも口を利かねえ。とうとう身体検査の段取りになっても、まだ黙っていやあがる。俺あ「さては」と思ったね「こいつは飛んだ食わせものだぞ。このままソッとして置いて、後から拾いに行こうと思っていやがる」あの場合だが、俺あおかしくなったね。

A フフン、ざまあねえ……だが待ちねえ。するってえと、おめえはあれを一体どこへ隠したんだね。車掌の奴随分際どい所まで検べやあがった。口の中から耳の穴まで

くま

なく検べたが、でも、とうとう見つからなかったじゃないか。

B お前も随分お

目出度

めでて

え野郎だな。

A はてね。こいつは

面妖

めんよう

だね。こうなるてえと、俺あどうも聞かずにゃ置かれねえ。そう勿体ぶらねえで、後学の為に御伝授に預かり度いもんだね。

B ハハハ……まあいいよ。

A よかあねえ、そう

らすもんじゃねえやな。俺にゃどうも本当とは受取れねえからな。

B 嘘だと思われちゃ

しゃく

だから、じゃ話すがね。怒っちゃいけないよ。実はね、おめえが腰に下げていた

煙草

たばこ

入れの底へソッとしのばせて置いたのさ。それにしても、あの時お前の身体はまるで隙だらけだったぜ。ハハハハハハ、エ、いつその指環を取戻したかって、いうまでもねえ、おめえが、早く蜜柑を拾いに行こうと、大慌てで開札口を出る時によ。

日本文学作品|ゆびわ

江户川乱步(1894年10月21日~1965年7月28日),本名平井太郎,1894年10月21日出生于日本三重县名张町,是日本最富盛名的推理作家、评论家,被誉为日本"侦探推理小说之父",其笔下的侦探明智小五郎(《名侦探柯南》中毛利小五郎姓名由来,其本人为《名侦探柯南》中江户川柯南姓由来)更是日本家喻户晓的人物。

1923年在日本杂志《新青年》上发表受到高度评价的处女作《二钱铜币》,从此开始推理小说的创作(原来的名称为侦探小说,后来在江户川乱步的倡导下改用现今的名称)。早在他创作生涯初期的1920年代初即把握了推理小说的本质,知晓推理小说是一种从逻辑上解开谜团的理智文学,成为日本推理小说领域的开拓者,是日本推理"本格派"的创始人,1965年7月28日逝世,享年71岁。与松本清张、横沟正史并为"日本推理文坛三大高峰"。在日本推理漫画《名侦探柯南》中,江户川柯南取用他的姓作为自己的姓。

日本文学作品视频

为了去汉化! 日本改元要打破中国古典文学垄断, 取自日本作品

拓展阅读

好看的文学作品推荐,不可错过的十大文学作品推荐:http://www.feixin55.cn/zuopin/107.html

相关问答

问:推荐日本经典文学作品?

答:应该是川端康成的,我最喜欢《雪国》,《少女的港湾》,村上春树的《挪威的森林》、《海边的卡夫卡》也很好,《源氏物语》感觉一般。北岛的诗也不错。我最喜欢北岛那首诗《走吧》。东山魁夷的也非常好啊。这些都不难找到的。你去3G书城这个网站看看。

问:日本有什么好的文学作品

答:岛崎藤村:浪漫诗集<若菜集>,诗集《嫩菜集》,长篇小说《破戒》《家》《春》
川端康成:凭借《雪国》、《千只鹤》及《古都》等获得诺贝尔文学奖
渡边淳一:《死化妆》《光与影》
水上勉 :《雁寺〉《饥饿海峡》
夏目漱石:代表作有《过了春分时节》《行人》《心》三部曲
村上春树:《且听风吟》,长篇小说《挪威的森林》
水上勉:长篇小说《雾和影》《饥饿海峡》,短篇小说《棺材》,后写《桑孩儿》 《五号街夕雾楼》《越前竹偶》《湖底琴音》《湖笛》《寺泊》《宇野浩二传》
大江健三郎: 短篇小说《死者的奢华》、《人羊》和《他人的脚》
山崎丰子:长篇小说《华丽的家族》处女作《暖帘》
紫式部:《源氏物语》
井上靖以短篇小说《猎枪》和中篇小说《斗牛》
y井乔:诗集《不确切的早晨》《异邦人》及《在仿徨的季节里》《风的生涯》《桃幻记》等小说集
井上厦:《和爸爸在一起》、《吉里吉里人》、《突然遇上飘篓岛》等著作
短篇小说《克罗谛思日记》中篇小说《和解》《佐佐木的场合》 《在城崎》《好人物夫妇》《赤西蛎太》
江国香织:《沉落的黄昏》《一闪一闪亮晶晶》《好想大哭一场》《东京塔》《冷静于热情之间》

问:日本古典文学著作都有哪些?

答:《古今和歌集》(十世纪初,纪贯之等人编撰)《土佐日记》(九三五年左右,纪贯之) 《落洼物语》(十世纪末,作者不详) 《蜻蛉日记》(十世纪末,藤原道纲之母)《枕草子》(九九六~一○○八年,清少纳言)《源氏物语》(十一世纪初,紫式部)《和泉式部日记》(十一世纪初,和泉式部)《荣花物语》(十一世纪初,正篇三十卷:赤染卫门,续篇十卷:周防内侍) 《更级日记》(一○六○年左右,菅原孝标之女)《堤中纳言物语》(十一世纪中旬,作者不详) 《大镜》(十一世纪末,作者不详)《今昔物语集》(十二世纪初,作者不详)《竹取物语》(九世纪中旬,作者不详)《伊势物语》(十世纪初,作者不详)《平中物语》(十世纪中旬,作者不详)《万叶集》《紫式部日记》《铃兰日记》《平家物语》《吾妻鉴》于是,花花公子请看《源氏物语》,和歌请看《万叶集》《古今和歌集》鬼故请看《今昔物语集》,军事请看《平家物语》《太平记》时代划分大约是划分为什么什么时代,比如平安时代、江户时代之类的